急激に体重を落とす弊害

まるさん倶楽部

急激にやせる

急激に体重を落とすことをしたことがありますか?

急激にと言っても何kgとか、やせた期間とか個人差が大きいとは思いますが、やせた本人が結果について言及した記事や本などを殆ど見た(聞いた)事が無いように思います。

「こうやったらたった1ヶ月で○○kgやせた」

とかの話を聞いても、本人が体にどういう変化があったかどうか?ということです。

実は私は体重が急激に落ちた経験があり、体の変化を非常に感じたのです。

そのことを書きたいと思います。

急激にやせた経緯

本サイトを訪れた方の中には急激なダイエットで体重を短期間に落とすということをした人もいると思います。

私の場合ですが、

1ヶ月で約14kg 体重を落とした

ことがあります。

上記の数字の「1」と「4」の間には小数点は入りませんよ。

「いちてんよん」ではなくて「じゅうよん」、「fourteen」ですよ!

しかし食事や運動によるダイエットによって落ちたのではないのです。

手術を受けたら落ちてしまったのです。

脂肪吸引や美容関係の手術ではありません。

こちらの記事で少し触れていますが、私は以前「睡眠時無呼吸症候群」の改善の手術を受けたことがあります。

40歳くらいの時です。

全身麻酔で90分強ほどの手術でした。手術名は「軟口蓋形成術」と言うそうです。

内容は口蓋垂(こうがいすい)、つまり「のどちんこ」の切除、扁桃腺の切除です。

これによって喉の開口面積を広げて空気の量を多くして、睡眠時にも多くの酸素が脳に取り込まれるようにするものです。

10日ほどの入院でしたが、この入院期間だけで体重は8kg落ちました。

入院時は確か86~88kg だったと思います。

手術が終わり、数時間も経つと喉の奥が痛くなります。当たり前ですが。

痛み止めをもらうので比較的直ぐに痛みは取れますが、でも食事や飲み物が通過すると「激痛」が走ります。

それでご飯が食べられなくなるんです。ヨーグルトドリンクみたいなものを出されて、それだと比較的大丈夫なんですが帰宅後もしばらくはまともな食事がつらいほどでした。

でもこれだけでそんなにやせるのかが不思議でした。

知り合いの医療関係者によると、

「急激な体重減少は喉が痛くて固形物が食べられないのが最大の理由。でも理由は分からないが何故か全身麻酔の手術をすると体重が落ちる人が多い気がする。」

とのお話し。


[ちょっと息抜きにダイエットと無関係の余談も書いておきますね。]

・その医療関係者によると開頭手術を受けた人の多くは回復、そして退院した後には性格の角が取れて「ぽわわ~ん」となる人が何故か多い。理由分からず。 (私の以前の会社の人に該当する人がいます!)

 

・私は生まれて初めての全身麻酔だったので、ちょっと恐かったですが「絶対に幽体離脱をして後で医者を驚かせよう!」と思っていたのですが無理でした。

それどころか「今から薬入れますね」と麻酔医に言われて1、2と数えたら意識が無く気がついたら全て終わって病室でした。

つまり「3」までは数えられませんでした。


単なる余談で全然息抜きにはなりませんでしたね・・・。

なお今は睡眠時無呼吸症候群の治療では上記のような手術はまずやりません。

殆どの人は手術はしません。これについては別途書きますね。




急激に体重が落ちるとどうなるか?

体重の変化と同時に体にも急激な以下のような変化が現れます。


筋肉が一気に落ちてしまい、何をするにも体力不足を感じる。

少し歩くだけでもかなりのきつさ。重たいものを持つのも大変な状態。

酷い脱力感を感じる。

これは全身の筋肉が一気に落ちたからが理由でしょうが、私の場合は退院後もしばらくはまともなものが食べられずカロリー摂取量も極端に減ったので、脳の回転も悪くなったのでは?と思います。

 (脳は体の中で最大の栄養と酸素の大食い器官です。1日に摂取したエネルギーの1/5が脳で使われるのです。)

真夏なのに少しでも冷房にあたると寒くて仕方ない。

入院前の私は「ふとっちょさん」(あえてデ○とは書かない)でしたので、真夏の冷房は必須。しかも設定温度は20度以下、風量は「強」でないと困る人でした。

しかし退院したのが初夏だったのですが、お店や電車の冷房の風の直撃を受けると鳥肌が立つほどの寒気を感じました。

極めつけは、夏の暑い日に大好物のカキ氷を食べたら、最初の一口で全身に激しい寒気を感じてあわてて布団に包まって震えていました。

家の中でよかったですが、医者に聞いたら「あまりにも急激に体重が落ちたので筋肉はもちろん最低限必要な量の皮下脂肪も落ちてしまったと思う」とのことでした。

なるほど、やはり筋肉はもちろん体を守るために最低限の皮下脂肪も必要ですね。

なぜか腹の調子が悪い。

大して食べていないのに下痢が続いたりします。体重が戻るまではいつもお腹に不快感を感じていました。


私はダイエットに努力して体重を落としたわけではありませんが、結局はダイエットで急激に体重を落とすと上記のようなことが起こるのです。

絶対に急激なダイエットはダメです。

元の体重から何kg落とすかは人それぞれですが、1ヶ月では元の体重の5%程度落とすのが体に負担が無くてよいと思います。

また上記に書いたようにしっかり食べないと脳が働きませんので、体重のことばかり気にしないであなたの脳のことも考えてあげましょう。

 

ボニック
サブコンテンツ

私のプロフィール

プロフィール

こんにちは。
このサイトは50にもなるおじさんである私が、過去から現在に至るまで行ってきたダイエットについての情報を公開するものです。
効果は個人差が大きいですが女性にも必ずや役立つ情報満載ですのでぜひお楽しみ下さい。

ページトップの「最初にお読み下さい」からご覧くださいませ。

オススメのダイエットの基本!

↓置換えダイエットの基本

マイクロダイエット

↓乳酸菌で腸をきれいに

乳酸菌革命

↓今や黒酢は必須品!

三黒の美酢

スポンサードリンク

にほんブログ村

にほんブログ村に参加しています。
よろしければポチッと押して下さいませ。

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報へ
にほんブログ村

このページの先頭へ