フルーツダイエット情報【その2】

まるさん倶楽部

フルーツをダイエットに取り入れるということは

本記事は以前書いた以下の記事をさらに簡潔にわかりやすくしたものです。

ぜひ以下の記事もご覧になって参考にしてください。

フルーツダイエットって結局どうなの?

 

さてだいぶ前からダイエットにはフルーツが良いと言われてきました。

また時代が変わってもこの方法は廃れずに根強い人気があります。でもわかっていないで単に「フルーツ食べればいいんでしょう?」という人が今でも多いのも事実です。

まずフルーツがダイエットによい理由は、

食物繊維が多く含まれていて腹持ちが良い。

糖分はそれなりにあるが脂質はほとんどない。

すべてのフルーツが嫌いという人は極めて少なく、フルーツだけで1食置き換えることも可能。つまりすぐに飽きるとかダイエット食品としてフルーツを取り入れるのが苦痛という人は比較的少ないということ。

フルーツ自体はカロリーが低いものが多い。

そのまま食べても多くの種類があるので様々な味が簡単に楽しめる。

などです。

 

Akino-Mikaku

でも知っておきたいマイナス面もあります。

フルーツだけだと栄養バランスが崩れてしまう。

糖分が多いものがあるので食べる量には気を付ける必要がある。

味のバリエーションを求めて砂糖をかけたりして食べたりすると本末転倒となる。

フルーツの種類、入手店(経路)などによるが毎日1食をフルーツに置き換えるとなると費用が結構掛かってしまう。

 

要は使い方(食べ方)次第では素晴らしいダイエット食品であると言えますね。

フルーツダイエットの具体的方法

3食のうち1食をフルーツだけにするというのがベストです。

一番悩む部分は朝食か夕食かということでしょう。

okikae-fr

これについては個人差による受け止め方(体質含め)や、様々な見解があります。

「絶対朝にすべき!」という人もいれば「いや夜にすべきである!」というひとなどですが、どっちも正しいのではと思います。

理由は人間の体なんてひとくくりで決められるほど簡単ではないからです。

特にダイエットは精神的な部分を無視することが出来ません。食欲という本能に挑戦するわけですから。

ただし物理的な効果が大きいのは明らかに夕食の置き換えだと思います。

夕食は早めに済ましても量や脂質が多かったりすると燃焼されずに体に贅肉として蓄積されてしまうからです。

ですから夕食を抜くだけで殆どの人は比較的簡単に体重が落ちるのです。

参考記事: 夕食抜きダイエット




 

いずれにせよ絶対に無理をしないでほしいのですが、1食をフルーツに置き換えて体が慣れてきたら、例えばですが朝は1食置換え用ダイエット食品(シェークタイプの物など)、昼食は普通の食事、夕食はフルーツのみとするとダイエット効果は大きくなります。

ただしこの方法は2食置換えになるので体への負担がやや大きく、体を使う体力が必要なお仕事の方や成長期のティーンエイジャーにはお勧めできません。

昼食の内容を気を付ければそこそこ栄養バランスはとれたものとなりますが、全体的なエネルギー量が減るので人によってはかなりきつく健康面での懸念もあるかもしれません。

ですから徐々に様子を見ながらという事を心がけましょう。

フルーツは何が良い?

こればかりは個人の好みがあるので何とも言えません。

でも迷って困ったとか、手軽にさっと食べたいというのであればリンゴかバナナ(或いは両方)をお勧めします。

数あるフルーツの中でもこの2つほど腹持ちの良いものはありません。

banana1

Apple1

リンゴ1個、またはバナナ2本も食べればたいていの方は満足されるのではないでしょうか?

食物繊維がたっぷりなので、お茶や水を多めに飲みながら食べると更に満腹感が増します。

もちろん好みがありますがフルーツダイエットにぜひチャレンジしてください。

ただし絶対に無理はしないでくださいね。

マイクロダイエット
サブコンテンツ

私のプロフィール

プロフィール

こんにちは。
このサイトは50にもなるおじさんである私が、過去から現在に至るまで行ってきたダイエットについての情報を公開するものです。
効果は個人差が大きいですが女性にも必ずや役立つ情報満載ですのでぜひお楽しみ下さい。

ページトップの「最初にお読み下さい」からご覧くださいませ。

オススメのダイエットの基本!

↓置換えダイエットの基本

マイクロダイエット

↓乳酸菌で腸をきれいに

乳酸菌革命

↓今や黒酢は必須品!

三黒の美酢

スポンサードリンク

にほんブログ村

にほんブログ村に参加しています。
よろしければポチッと押して下さいませ。

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報へ
にほんブログ村

このページの先頭へ